中島美嘉 歌詞

中島美嘉「LIFE」載ってない歌詞

中島美嘉の曲「LIFE」の中で歌詞にはない不気味な声が入っているとネット上で話題になっています。幼女の声で「おかーさーん」という声が入っているとの情報がかなりの方から上がっています。実際、私が聞いた感想はコーラスが入っているように感じました。

”果てしなく遠い明日へ僕達は息を切らして向かう「ずっと長い間」生きてきた気がするけれどまだ届かなくて”「ずっと長い間」という歌詞のところらしいのですが、心霊現象とも噂されるこの声を「コーラスの歌詞のずれによるもの」「曲の話題付けのために入れられたものです。」「LIFEのドラマがいじめをテ−マにしてるから、わざと入れている」と言う意見等さまざまな声が中島美嘉の関係者の下に届いているようです。聴きづらくて分からないという方はヘッドホンで聞くとはっきりと聞こえるようです。

詳しいことは分かりませんがジャケットも今までとは違い威圧感があり、これらの要因が重なってこのような話題になってしまったとも言われています。中島美嘉ファンとしては複雑な心境ですが、中島美嘉の曲のなかでこの曲は前向きに歩いていこうという風に思える歌詞と、元気で勇気を与えてくれる曲と思うのでこの曲と歌詞を大切に中島美嘉の代表曲に成長していって欲しいです。

中島美嘉 歌詞

中島美嘉「LIFE」の歌詞で前向きな私に

中島美嘉歌詞を聴いてファンになりました。ちょうどその頃私自身にいろいろな事が起こりかなりへこんでいた時のことです。その曲の存在を知らずにいた私がこの中島美嘉の曲と出会い今まで音楽では感じたことの無い感動を覚えました。その曲は「LIFE」でした。

皆さんはもうご存知と思いますが、ある店の中でかかっていた曲を聴き歌詞がなんだか頭の中をグルグル回り始めました。”果てしなく遠い明日へ僕達は息を切らして向かうずっと長い間生きてきた気がするけれど、まだ届かなくて目の前に広がる世界に意味の無いものは1つも無くて今駆け抜ける日々僕達は思い出すだろう、いつの日にかきっと”この歌詞を聞いていると今までの事は忘れて新しく前に向かって歩きだそうと前向きに思えるようになりました。テレビの主題歌としても使われていましたね。その出会いがきっかけでドラマを見るようになりました。

いじめをテーマにしたドラマで歌詞のイメージとぴったりのドラマでした。「生きるために生きていくの」という強いメッセージの歌詞が心に染み渡るこの曲は、中島美嘉には珍しくアップテンポの曲調で中島美嘉の新しい一面を引き出してくれた感じがする。中島美嘉の歌い方や声なども、さらに幅が広がったように感じます。

中島美嘉 歌詞

経験を重ね成長した中島美嘉とその歌詞力

私が中島美嘉の曲を好きになった理由の一つは歌詞です。彼女の歌詞には何か独特なものがあり共感するところが多くあります。その歌詞を中島美嘉自身で書いている事を知り、更に好きになりました。たぶん私のように中島美嘉の歌詞が好きと言うファンは多いかと思います。歌詞に込められた一つ一つの言葉が深く心に残り、特に『愛してる』の歌詞が私は一番好きです。

中島美嘉のプロフィールに目を通してみると、彼女は鹿児島県に産まれ高校には進学せずに音楽を続ける為にアルバイトをしながら音楽の勉強をしたそうです。ちなみにアルバイトはモデルの仕事やファーストフード店等を経験したらしいのですが、ファーストフード店でレジを打ちミスをしてしまいお客様からクレームが来て厨房に回されたと言う話もあります。その時の店長さんがテレビのインタビューで語っていた事が中島美嘉は「会うたびに髪の色が変わっていた」と言う話をしていたそうです。それでもその店長さんはとてもいい人で、中島美嘉が異動になった時の送別会で泣きながら「行かないで」と話していたそうです。そういう経験をしながら彼女は成長してきたんだなぁと感じました。それを踏まえて今後も大きく羽ばたいて欲しいとインタビューで語っていたのが印象的でした。

中島美嘉 歌詞

中島美嘉『雪の華』の歌詞との出会い

仕事の帰りに後輩に相談があると言われ、気になる彼のことを話始めました。店で中島美嘉の『雪の華』が流れた時にその歌詞を聴いて思い出したかのように、彼女と彼が始めて出会った時にカラオケで彼が彼女にリクエストした曲が大好きな中島美嘉『雪の華』だったそうです。彼は中島美嘉が歌う『雪の華』の歌詞がとても好きと語っていたそうです。中島美嘉の曲や歌詞に対する思いを聞き、彼女はその歌詞が好きになって行ったそうです。

それと中島美嘉がチャリティーに関して、「私が歌っているのは「自分が楽しむため」だったりもするんですけど、自分のために歌うことに少し余裕が出てきて、やっとデビュー5年目にして、自分に多少は影響力があるということを自覚してきたんですよ、それから何かしなきゃという思いが」それを聞いて更にファンになったそうです。

 その1週間後、お付き合いすることになったそうです。彼女は飲みに行った翌日、彼に連絡をし、食事に誘いその帰り車の中では、もちろん彼の好きな中島美嘉の曲がかかっていました。思い出の歌詞で綴られた中島美嘉の『雪の華』が流れた時に、自分の口から思い切って気持ちを伝え、正式にお付き合いする事となったそうです。中島美嘉の曲で始まり、その曲で決まった恋の話。報告を聞いてとても嬉しく思いました。

中島美嘉 歌詞

結婚式で選曲される中島美嘉・その引き付ける歌詞の訳

先日、友達の結婚式へ行ってきました。花嫁は、中島美嘉さんの大ファンと言う事もあり、結婚式の曲等は中島美嘉さんの曲を多く使用しておりました。 和装での入場曲を『朧月夜〜祈り〜』、再入場(白ドレス)で『愛してる』、最後の退場曲にWILL』!!
 
 結婚式ではどういった曲を選曲しているか興味がある私は、招待されると曲をチェックしてしまいます。 中島美嘉が歌う朧月夜は「爽健美茶」のCM曲で使われており、結婚式で初めて聞きました。日本の大名曲のカバー曲でもあり、和装での入場にあった曲と思いました。歌詞もなかなかよく、改めて日本語の歌詞の美しさを感じました。選曲してみてはいかがでしょうか、お勧めです。『愛してる』・『WILL』は、よく結婚式でよく耳にする曲です。カラオケで中島美嘉の『愛してる』を歌うカップルは多いらしいです。愛してるを連発した歌詞なので、愛を深める曲としては最高の曲です。その歌詞が思い出となり選曲に至るケースも多いんでないでしょうか。この曲はカップルにおすすめです。 そして『WILL』!この曲の歌詞もファンに人気が高いです。中島美嘉さんの曲は耳に残る曲が多いので、やっぱりいいですね〜。これからも思い出に残る曲をリリースしてほしいです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。